RECRUIT採用情報を見る
RECRUIT採用情報を見る

COLUMN

エージェント採用ブログ

people

Agentで働く人たち

【2021卒・内定者クロストークvol.4 】カンボジアで教育支援×カンボジアでインターン

 内定者クロストーク第4弾はこのふたり。共通点が多いふたりのチャレンジングな価値観について聞かせてもらいます。

どんな学生時代だった?

小川 カンボジアの教育支援を行う学生団体に所属して活動をしていました。あとは、ノルウェーにも留学して芸術やノルウェー語を学びました。大学の専門が言語学だったので、言語を学ぶことがメインだったんですが、小さいころから絵を描くことも好きだったので、芸術についての授業もとっていました。

渡辺 私も2か国行っていて、スリランカで広告代理店のインターンに行ってたのと、カンボジアの日本食卸の会社で営業やプロモーション、マーケティングなどに取り組んでいました。

秋山 私の学生時代には海外で働こうなんて考えもしなかったよ。

渡辺 自分の実力を試したいというか……。好奇心旺盛なので、勢い任せで行ってから痛い目を見る、みたいな節があるかも(笑)
 英語がファーストランゲージの国に行くのは日和ってしまって、カンボジアなら英語が互いにセカンドランゲージだから、なんとかなるかな、と。せっかく学生なんだし、時間のあるうちに海外を経験しようと、割と軽い気持ちで行きましたね。
 カンボジアと日本の架け橋になれればいいな、と思っていたので、インターンではやりたいことができたと思っています。カンボジア情報サイトの運営のお手伝いや、日本食のイベント開催とか。

秋山 学生のうちから海外で働くって、大変なこと多そう。

渡辺 毎日大変でしたけど、いちばん思ったのは「自分って何もできないんだな」ってことですね。お願いされたこともすぐにはできないし、何でも聞かないとわからないし、英語使いこなせないし……って。「何にもできないじゃん」って自己嫌悪になったり。でも、カンボジアの方って優しいので、途中から「当たって砕けろ」精神で、遠慮せず聞いて、頼って、そうしたら助けてくれるので、ありがたかったです。

秋山 小川さんは、カンボジアではどんなことをしていたんですか?

小川 カンボジア現地の大学生と一緒に小学校のボランティア活動をしていたんですが、現地の大学生が途中で「やっぱりやらない」って半分くらい帰っちゃったことがあります(笑)

渡辺 ええ⁉

小川 結局残った人で仕事を振り分けて、計画もし直して……それがいちばん大変でしたね。やっぱり現地の子でないとできない仕事も多いので。言語面でも助けてもらわないといけないですし。
 カンボジアの小学生に、夢を持ってもらうとか、学校をもっと楽しくできるように、という想いで活動している学生団体で、そのために本を寄付したり、手洗いや歯磨きのやり方を教えるとか、職業紹介とかしていたので。あとは、日本の小学生と手紙を交換したりとか。

秋山 素敵な活動だ。

小川 そうなんですよ。低学年だった子が高学年になって、そういう成長を見られることも嬉しいし、何より自分たちの活動をきっかけに「こういう夢があるんだ」って話してくれることが本当に嬉しかったです。
 現地の大学生も、日本語を勉強している人たちなので、そういう人たちが「日本で働きたい」「日本に来たい」って言ってくれるのは、仲間の輪が広がる感じがして、すごくいいな、と思えることでした。

渡辺 私もカンボジアの技能実習生に日本語を教えていたことがあって、彼らは今日本で働いているんだけど、夢が叶っている人を身近に見られるのは嬉しいよね。Facebookで「日本は大変」なんてメッセージが来るのも、ほっこりする。

秋山 偉いが過ぎるな……! 最近は(新型コロナウイルス感染症の影響で)海外に行くのは難しいと思うけど、どんな風に過ごしているんですか?

渡辺 軽井沢に行っていました! 中華料理屋でアルバイトをしに。

秋山 旅行とかじゃないんだ。

渡辺 社会人になる前に、いろいろな考え方に触れておきたいな、と思って。旅行だと、おもてなしをされる側になっちゃうので、いい側面しか見えないじゃないですか。私は「いいところも悪いところも全部知りたい!」と思うので、そのためには一定期間、現地の人と継続して関わる必要があるよな、と思っていて。

秋山 いろんな角度からちゃんと見たいんだ。小川さんは?

小川 絵画教室に行き始めました。最近はノルウェーの画家の方の模写とかしてます。

渡辺 私も絵を描くのは好き。でも、まあ下手で……(笑) 絵がうまい人、本当にうらやましい。

秋山 話してみると、ふたりは本当に共通点が多いね。今年の内定者は海外経験のある人が本当に多い。

渡辺 入社後、いろいろ話ができるのが楽しみ!

エージェントの決め手

小川 「社会の『困った』を解決する」というのにすごく共感しました。海外での経験を通して、性別とか、居住地とか年齢で、やりたいことをあきらめないといけない人がいるのは悔しいなと思っていて、みんながやりたいこと・夢に向かえる環境を創っていきたいんです。会社の考え方を聞いて、すごく自分の考えに近いというか、やりたいことだな、と思えたので決めました。

小川 あとは、皆さんの人柄も決め手のひとつです。私はとても人が好きなので、一緒に働く人はすごく大事。影響も受けやすいタイプだから、周りの人が頑張ってると、自分も頑張れるから、そういう人と働きたいと思って、決めました。

渡辺 私も一緒。すごく共感。みんなが自分らしくあってほしいし、自分も自分らしく働きたい。「社会の『困った』を解決する」というのにはすごく共感しているけど、具体的にはどうすればいいかまではまだわからないので、仕事をしながら見つけていきたいです。大変なことはたくさんあると思うけど、一緒に働く人がいれば頑張れると思うので、そこも大切。

小川 本当に一緒。びっくり。

秋山 ふたりは、どこを見て人柄を見極めたんだろう?

渡辺 選考中のフォローとバックアップは、他社さんと比べてもすごくこまめにしてくれたので、そこは大きかったですね。たくさん相談にも乗っていただいて。

小川 選考以外の部分も、すごく相談に乗ってもらいました。あとは採用ブログ(本サイト)も。

秋山 やったー!(筆者大歓喜)ありがとう、ちゃんと更新するね……(笑)

でも、会社を決めるのって迷うよね。

渡辺 迷いました。社会人になった先輩に相談したりもしていて、そのとき「ストライクゾーンが狭すぎる!」って言われたのは印象に残ってます。働くことが大変なことというのに変わりはないから、いいと思っているところがあるなら勢いで決めちゃうのもありなんじゃない?、って。

秋山 留学とかもそうだけど、結構勢いで決めるタイプですよね(笑) だから行動力もあるんだろうな。

選考で大変だったこと

小川 プレゼン選考!

渡辺 わかる~~~!!!!

小川 設問が、本当に「??? 全然わかんないんだけど」って。

渡辺 なんだよこれ~~~!?!?」って感じだったよね。

樽磨 ほかの会社でもプレゼン選考ってあった?

渡辺 ありましたけど、レベルが段違いに難しかった! 逆に、絶対やってやる! と思いましたけど(笑)
 自分ひとりじゃ絶対できない!と思ったので、社会人の先輩とか友人にアドバイスをもらったり、プレゼンを聞いてもらったりしまくりましたね。

樽磨 コロナ禍の就活で気を付けることはありますか?

渡辺 Twitterでの情報収集は役立ちました。

小川 私は就活後にTwitterでたくさん情報発信されてるのを知って、後悔したタイプ。私は海外の方を支援する事業を見ていたので、英語で検索すると、外国人向けの採用サイトとかも出てくるので、そこで企業を知れた。あとは、面接の秘訣とか、同い年の子が頑張っている姿を見て刺激をもらったりとか。

渡辺 ESの書き方とか質問対策とか、人事側から本音で書かれてることが多いよね。

秋山 それはジェネレーションギャップ! 今の就活はTwitterも大事なのね~。就活全体を通して大変だったことはある?

小川 うーん、私の場合はやりたいことがある程度決まっていたので……。

渡辺 私はやりたいことはあまり明確にわかっていなくて。考えて考えて、結果わからない! に落ち着いたんですけど(笑) だから、いろいろできる会社に入りたいな、とは思っていました。
 自分のPRはすごくしづらかったけど、自分らしく働きたいというのは思っていたので、うまく結びつけながら言っていたかな。

樽磨 渡辺さんはいろいろなことをやってきているから、説得力がありますもんね。

秋山 行動が伴ってるんですよね。何もしなければ、大学生活って本当に何もしないまま終わっちゃうけど。もし、何も行動してこなかった子がアドバイスを求めてきたら、ふたりは何て言ってあげるんだろう?

渡辺 うーん、難しいですね……。でも、少しでも興味があることは挑戦してみれば? とは言うかな。私がそうだったので。やってみて、やりたいことを見つけてみればいいと思う。

小川 好きなことや得意なことはあるはずだし、バイトやサークルを通じて挑戦してみるのがいいかもね。あとは、いろんな人と会って、いろんな人と話す! わからなくてもとりあえず行動することじゃないかな。

秋山 兎にも角にも行動! 充実した大学生活を送ってくれ、ってことですね。学生時代の私にもぜひ見習ってほしい考え方でした。ありがとうございました!


その他の内定者クロストークも見る!


株式会社エージェントでは一緒に働く同志を募集しています



people

【2021卒・内定者クロストークvol.5 】内定承諾をいちばん迷った旅行好き×スーパーポジティブバックパッカー

people

【2021卒・内定者クロストークvol.4 】カンボジアで教育支援×カンボジアでインターン

people

【2021卒・内定者クロストークvol.3 】18か国バックパッカー×飛び級修士

people

【2021卒・内定者クロストークvol.2 】チャンバラガール×国際交流ゴスペルシンガー