RECRUIT採用情報を見る
RECRUIT採用情報を見る

COLUMN

エージェント採用ブログ

people

Agentで働く人たち

チャンスを見つけて、どんな事でも成長の糧にしてきた◇西山の1年間

こんにちは! 株式会社エージェントの採用担当、芦田です。

「社会の『困った』を解決する」キャリアプロダクションである弊社。多くの「困った」を解決できる人財を育成・輩出し、「笑顔を創り続けること」を目指しています。

今回は立ち上げて間もなかった仙台オフィスに入社し、1年目となった西山へインタビュー! 1年間の志事や自身の成長について、話を聞いてきました。

開所まもないばかりの仙台オフィスにチャンスを見いだした

――入社前は何をしていましたか?

もともとは自衛官として6年間従事し、そのあとはWeb広告会社に転職しました。

自衛隊から転職をするタイミングでは、ビジネススキルもなく、何をやりたいかわからなかったんです。前職は「修行」のつもりで入社し、「ここまでやればどんなことでもチャレンジできる」と実感できるまで頑張ってみよう、と思っていました。

前職の仕事は、飲食店のWebPRのための営業職。テレアポ、訪問、企画提案、受注、記事作成、効果測定までの一連をすべて担当しました。事前に「きつい仕事だよ」と言われていたので覚悟はしていましたが、それでも業務量が多く大変だった。自分でもある程度できるようになったと思ったので、1年を過ぎたときに転職する決断をしました。

――西山さんは転職イベントに参加して、面接に進んでくれましたよね。エージェントへ入社する決め手は何だったんですか?

エージェントは求人サイトで見つけて、興味を惹かれていたんです。転職イベントに行ったときにはエージェントのブースに真っ先に行き、最前列の席に座って気になることをどんどん質問しました。

前職は新卒採用が中心で、自分がスキルを教えることが多かった。しかし教えてばかりだと身に付けたスキル以上のことに取り組めない。そのため様々な経験値を持った中途人財が多い会社を探していました。エージェントは中途入社の方が多い。そこからいろいろなスキルが吸収できるのではないかと思いました。

さらに当時、エージェントの仙台オフィスは開所したばかり。そのことを聞いたとき、「立ち上げであれば営業が必要だろうから、自分の経験が活かせる。経理やマネジメントなどの仕事にも挑戦できるかもしれない」と思ったんです。チャンスの多さに魅力を感じて面接を受け、仙台オフィスに飛び込みました。

自己満足の営業から、仙台メンバーのための営業へ

――入社後の主な業務を教えてください。

入社後はモバイル店舗の売上向上のための販促代行や、初期設定代行業務などに従事してきました。
並行して、入社当初から新規の架電営業も担当。クライアントであるモバイル店舗や代理店の担当者に営業をし、受注に繋げる仕事です。
東北エリアは広いので、電話で営業を完結させることが多い。前職の営業方法と違い、ヒアリングから提案まで電話ですべて行わなければいけないことに苦戦しました。

――この1年間で印象に残っている仕事はありますか?

たくさんあります! 特に、今年4月の受注継続率が100%だったんです。1年間やってきた中でひときわ達成感がありました。
私が担当するモバイル業界では3月が繁忙期、4月は閑散期になります。クライアントの販促のニーズが減り、継続が難しい時期。厳しくなる状況に負けず営業を成功させることができたことは嬉しかったです。

――継続率100%を達成するために取り組んだことはありますか?

以前の仙台オフィスでは、少ないメンバーのほとんどが販促の現場を担当しており、管理面の業務が上長に集中していました。そのためメンバーへの連携が遅くなることがあり、メンバーの士気が下がっていました。そのネックを解消するため、業務を分担していこうと思ったんです。

自分は営業をやっていて次月の受注状況がわかるので、シフトの調整は効率よくできる。そこで「シフト作成をやります」と伝えて任せてもらい、業務面のフォローに努めました。また、営業だけでなく、店舗の担当者様へまめに連絡をして関係構築も行いました。
半面、私は人に教えることがまだ得意でなかったので、経験値の高い先輩が新人メンバーの研修を担当していました。業務を分担することで各自の負担が減ったので、メンバーとのコミュニケーションも頻度高くとることができるようになりました。

結果、メンバーのモチベーションが維持できるようになり、店舗様から高い満足度を得られるようになりました。信頼が得られたことで、受注継続にも繋がったのだと思います。

――メンバーの士気を高められるよう、工夫したのですね。

1人で仕事はできません。仙台メンバー全体で取り組めたことで、継続率100%も達成できたと思います。
また、自分の中でも変化がありました。今までの営業活動は、受注できたときに「自分がやった!」という自己満足の気持ちが少しあったんです。今回のように継続率100%を目指し営業をしたことで、自分の実績のためでなく仙台メンバーのための営業にシフトチェンジできたと実感できました。

「成長したい」という思いで、どんなことでも吸収していく

――入社して1年経った今、どんな成長を実感しますか?

挑戦したいと思うことが増えました。それまでは「自分が出来る範囲」でのやりたいことしか想像出来なかったんです。今は仙台メンバーの人数も増えました。自分の仕事に留まらず、もっと上司がしている管理業務をできるようになりたい。メンバーを巻き込んでチームで新しいことをしたい。そういう気持ちを持てるようになってきたんです。

――今後挑戦したいことはありますか?

私は仙台オフィスが大好きなので、安定して拡大していける基盤や環境作りを行いたいと思っています。
今年になり、チームのサブリーダーを任せてもらっています。ただ、メンバーの面倒を見ることでフォローが出来ていると甘んじる自分でいたくはない。メンバーを任されるということは、後輩が前に進めるような志事もどんどん創っていかないといけないと思うんです。そのために、今後も営業をちゃんと続けていきたいと考えています。

自分は常に上を目指していきたいと思っています。一瞬でもいいから、一番になれることをやりたい。今後もトップを目指すモチベーションで挑戦し続けます。

――最後に、エージェントで活躍できる人ってどんな人だと思いますか?

どんなことでも吸収して、自分の糧にしようというモチベーションがあれば活躍できると思います。
具体的にやりたいことがある人は勝手にでも進めると思いますが、「これは自分に必要ない」と無関心になってしまうと成長って止まると思うんです。「成長したい」という気持ちを持って、目の前の志事に対して前向きに取り組むことが大切です。

西山 勇輝(Yuki Nishiyama)

セールスソリューション事業部仙台オフィス所属。
Web広告会社で営業職を経験後、エージェントに入社。仙台オフィス立ち上げ直後の入社であったため、モバイル業界の販促業務や初期設定代行業務と並行して、積極的に営業にも取り組んできた。

西山の仕事に応募するには↓


株式会社エージェントでは一緒に働く同志を募集しています


event

初のオンライン内定式開催! 先輩社員に聞く「半年前やっておけばよかったことTOP3」も公表します

people

自信を持って「任せてください!」と言えるようになった◇新人賞受賞インタビュー

people

将来やりたいことのために、遠慮なくチャレンジしていく◇神﨑の1年間

people

チャンスを見つけて、どんな事でも成長の糧にしてきた◇西山の1年間

people

失敗したら、と思うとゾッとした……でも成功したら市場価値爆上がりだよねって思ってました──上場準備担当者インタビュー