RECRUIT採用情報を見る
RECRUIT採用情報を見る

COLUMN

エージェント採用ブログ

works

Agentの志事

楽しく学べる英会話サークル『English Cafe&Bar』で社内のグローバル推進!◇解決ラボ

こんにちは。採用担当の芦田です。

クリスマスが終わると途端に年の瀬を感じますね。

さて今回のコラムは、前回コラムに取り上げたクリスマスパーティを主催した『English Cafe&Bar』の代表、今(Kon)と石井(Ishii)にインタビューをしてきました。

『English Cafe&Bar』はエージェント内にある「解決ラボ」で立ち上げられた社内サークルです。

「解決ラボ」って何?

エージェントでは「解決ラボ」という社内サークルを発足できる制度があります。

「解決ラボ」とは
エージェントのVISIONである「次世代のエージェントになる」(=課題解決人財の創出)を推進していくために、全社横断的な繋がりの強化や人財開発を目的とした社内サークル(ラボ)を任意で設置できる制度です。

社内で立ち上がっている「解決ラボ」については、今後少しずつ取り上げていきますのでお楽しみに!

「英語が話せるようになりたい」というメンバーの「困った」解決のために

――なぜ解決ラボで『English Cafe&Bar』を立ち上げようと思ったのですか?

石井:入社する前から「今後エージェントをグローバル展開していきたい」というビジョンを聞いていたのですが、入ってみると英語を話せる人が社内にあまりいなくて、グローバル感がないなと思っていたんです。
2019年の新卒メンバーは海外留学などの経験が豊富で、英語を話せるメンバーがたくさんいて。私もアフリカのジンバブエで国連ボランティアに参加していたので、入社後に「海外はどうだったの?」といった体験談をたくさん質問をされました。質問された人は皆さん「英語が話せるようになりたい」とお話されていたので、英語を話せる場を作ろうといいうアイデアが浮かびました。

左(石井):ジンバブエのグレートジンバブエ遺跡 右(今):ペルーのマチュ・ピチュ
両方とも、異世界のようですね。

今:エージェントには教育制度としてオンライン英会話教室があるので、潜在的に話したいと思っている人が多いと思うのですが、当時は海外拠点がまだ立ち上がっていなかったので英語を使う場面があまりなかった。僕も石井さんも英語を使っていかないと力が落ちちゃうから、日常的に使いたいなと思っていたんです。

石井:そう。英語を話したいメンバーやエージェントのグローバル推進のために何かできないかと思って、5月から毎週木曜日の朝に『English Cafe』をスタートしました。
「英語を話したい」というメンバー向けに、「自己紹介をしてみよう」「レストランでオーダーしてみよう」「エージェントから渋谷駅まで英語で道案内をしてみよう」など、すぐにでも使える英会話をテーマにして毎週レッスンをしていきました。

ニーズにあわせて、楽しく学べるレッスン作り

――「英語を話してみたい」というメンバーのニーズと、自分たちの得意なことをマッチさせたとてもいい活動だと思います! やってみてどうでしたか?

石井:始めた頃は新しい取り組みだったのでいろんな人に興味を持ってもらいやすく、参加者が多かったのですが、人によって面白いと感じることや、リスニング、スピーキングなど学びたいことがさまざまなので、参加者の意欲が続かないこともありました。
ニーズに合わせて興味付けやリピートしてもらえるようなレッスンを考えることに苦労しましたね。

――確かに、わたしも中学から英語を勉強しても未だに話せません(泣) 楽しく続けられるようレッスンを考えていくなんてすごくいいですね。もうひとつの『English Bar』はなぜ始めたのですか?

今:『English Bar』は8月から、毎週火曜日夜にやっています。「朝起きれないんだよ~」といった声もあったので夜にも開催しようと思って。
僕はもともと勉強嫌いなんです。高校生の時も英語の成績は5段階評価で”3” 。そこそこできるよ、といった程度。でもカナダにワーキングホリデーに行ったり海外旅行を楽しむようになってから、英語が話せるようになったんですよね。
なので、『English Bar』は楽しみながら英語を話せる場にしています。業務終わりだからお酒も呑めるし、海外のアニメを英語字幕で鑑賞したり、海外のカードゲームや英語でワードゲームしたり。

『English Bar』の様子

――わたしも何回か参加させてもらいましたが、『English Bar』は誰でもウェルカムな雰囲気なので気軽に英会話を楽しめるんですよね。他にもいろいろなイベントをやっていましたね。

石井:はい! 季節ごとのイベントをレッスンに取り入れて英語学習の興味付けや面白さ、学びのアクセントにしています。10月にはハロウィンイベントを『English Cafe』で企画しました。

今:お菓子を用意し、ゲームも企画して、僕がマスクとマントを着て(誰かわからない)コスプレをしました!


Trick or Treat!

石井:楽しかったよね! 11月から月間でレッスンスケジュールを考えてカレンダーを作り、『English Cafe&Bar』のチャットグループで連絡しています。リスニングを強化したい人は「耳」のマーク、スピーキングを頑張りたい人は「顔」のマークといった感じで、自分が学びたい内容を選びやすいようにしました。社内にも貼ろうかな。


12月のマンスリーカレンダー
外部の英会話教室に行く日もあります。

石井:先日のクリスマスパーティでは料理が得意な今さんがシェフになって、私はゲームの司会をしました。マジックが得意なメンバーにお願いして英語でのマジックをしてもらったりもしましたね。

今:「やりたいことをやろう!」と1ヶ月かけて本気で準備をしましたよ!

――5月から約半年でいろいろ取り組んできましたね。今後は『English Cafe&Bar』をどのようにしていきたいですか?

石井:まずは長期的に続けていくこと。実際に「英語ができるようになったよ」といった声が上がるまでやりたいです。今後海外拠点を広げていくエージェントの、ダイバーシティ推進のための土壌作りとして頑張っていきたいです。

今:僕はエージェント社内に限らず、社外で英語を使いたいけど場所がなかったり機会がなかった人を集めて、つながりを作れるようになりたい。エージェントに招いてみるとか、出張でBarを開催するとかできたらいいな。

石井:あとは今後、一緒に企画を考えたい同志を募りたいです! 英語だけでなく、他の外国語を話せる人、何かしたい人でもいいので仲間になってほしい!
今年は東京拠点だけで行っていたのですが、今後は全国拠点の人ともやりたいですね!

今 風太(Futa Kon)

2019年新卒入社。キャリアソリューション事業部で未経験エンジニア紹介事業を担当。ワーキングホリデーでカナダへ1年渡航したほか、17か国旅行したことがあるトラベラー。将来は中南米の経済格差をなくしていきたいと思っている。ペットに蛇とヤモリを飼う爬虫類好き。

石井 麻鈴(Marin Ishii)

2019年新卒入社。キャリアソリューション事業部で外国人就労支援を担当。入社前は半年間、アフリカのジンバブエで国連ボランティアとして広報官の経験をした。エージェントではアフリカ拠点を立ち上げたいと思っている。決起総会では代表の四宮にジンバブエの昆虫食を差し入れた強者。

株式会社エージェントでは一緒に働く同志を募集しています

people

自信を持って「任せてください!」と言えるようになった◇新人賞受賞インタビュー

people

将来やりたいことのために、遠慮なくチャレンジしていく◇神﨑の1年間

people

チャンスを見つけて、どんな事でも成長の糧にしてきた◇西山の1年間

people

失敗したら、と思うとゾッとした……でも成功したら市場価値爆上がりだよねって思ってました──上場準備担当者インタビュー

vision

vision

「非上場」を公言していたエージェントが、どうして上場したのかっていう話(上場のご報告)