RECRUIT採用情報を見る
RECRUIT採用情報を見る

COLUMN

エージェント採用ブログ

people

Agentで働く人たち

スタートアップを立ち上げた僕がエージェントに入社してCHROになるまで

採用、人財開発、コーポレートコミュニケーション。現在はこれらHR領域のみならず、海外拠点立ち上げ準備、それに伴う新規事業開発等、多方面に手腕を発揮する弊社CHRO八並嶺一。

今回は、八並が経営陣に就任するまでの軌跡と、経営陣として考える理想について聞いてきました。

自らの人生を「アントレプレナーを増やす」ことに捧げたい

エージェントに入社することになった経緯について教えてください。

 学生時代から「起業しよう」と思っていて、卒業後はフリーランスとして広告代理事業や営業代行を行っていました。フリーランス時代の仲間と一緒にスタートアップを創業に携わりましたが、私は更に別の会社を興そうと考えていたんです。

 事業計画を相談していたのが当時のエージェントの顧問弁護士の方で、その方を通じて出会ったのが弊社代表の四宮でした。

 当初は自らの事業について、四宮から意見をもらおうと思っていたのですが、話を深めていくと考えている方向性が共通していて。「社会の『困った』を解決する」という部分にシンパシーを感じたのを覚えています。

 私は、自らの人生を「アントレプレナーを増やす」ことに捧げたいと思っていました。起業をしたことで、一部の問題解決に対して動くことはできました。しかし、社会には様々な問題があり、そのすべてを一人で解決していくのが難しい。そのことを痛感したとき「自分ひとりの力では限界があるならば、“問題解決できる人財を生み出すエコシステム”を作れないか」と考えるようになっていきました。エージェントは、私の考えるずっと以前――10年以上 “問題解決できる人財を生み出すエコシステム” の構築に取り組んでいます。少しずるい考えかもしれませんが、 私自身が想う理想の実現に最短距離で到達できるのではないか、と思ったのが入社の決め手でした。

最初からCHRO待遇での入社だったのですか。

 いいえ。スタートは現在のメンバーと同じところからです。最初はセールスソリューション事業部にて、販促プロモーションに従事しました。信頼をいち早く獲得するには、結果を出すことが肝要だと思っていたので、他のメンバーの3倍の成果を出そうと決めていました。有言実行でそれを成し遂げましたが、たまたまの1回では評価されません。継続的に成果を生み出し続けることで、自らの存在感を高めていきました。

その後、派遣事業の立ち上げを行い収益化。1億5000万円規模の事業へと成長させてから他のメンバーに事業を引き継ぎ、そこで得た採用ノウハウを自社に活かせるのではないか、とHR領域に移りました。採用活動と並行しながら、外国人就労支援事業の立ち上げも行い、自然と現在の立ち位置に繋がっていった印象です。会社のフェーズに合わせて自らの守備範囲を広げていった先がCHROだった、というのが正しいですね。

インド人内定者と一緒に。

経営陣の仕事とは何だと思いますか。

 経営の仕事は、「決める事」と、「執行していく事」。100%完璧な意思決定をすることは難しい。メリット、デメリットをしっかり把握した上で決める必要があります。

 時としては、51%のメリット、49%のデメリットがある事も決めていかなければなりません。そして、その決めたことを実行して、正解にしていかなければならないのです。

 描くビジョンを実現する過程では、当然ながら理想と違う現実が見えてくると思います。そのギャップを埋め、理想に近づけていくための行動を繰り返していくことが私の仕事だと考えています。

経営陣として必要な素質とは何だと思いますか。

 確実に必要なことは、「覚悟」と「責任」を持つことだと思います。

 覚悟と責任は、携わる仕事によって創り上げられます。だから、弊社の場合は職責者には事業立ち上げや企画立案、PL管理を任せていくことで責任感を身に付けていけるようにしています。

 事業のより深い部分に携わることで、自分の取り組む仕事の規模感を知ってほしい。大抵の場合、その事業をひとりの力で運用することは難しいので、後進に業務を任せていく必要が出てくるはずです。そして自らは事業を拡大させていくための働きができれば、良い循環を創り出していけると思います。

携わる仕事によって素質が身に付く、というのは根拠があってのことだと思います。ご自身ではどのタイミングでその素質が身に付いたのでしょうか。

 実は、未だに「給与が毎月入るのが当たり前」という感覚がないんです。

 フリーランスでの活動時や自ら起業していた頃は、売上を常に意識しなければならなかったですし、コスト意識はかなり厳しく持っていました。だから、仕事を始めたときには責任をすべて背負う覚悟は既にあったのだと思います。その考え方が現在の自分に繋がっていると思うので、エージェントに限らずどんな世界の経営でも「覚悟と責任」を持つことは重要なのだと思っています。

 乱暴な言い方かもしれませんが、私自身は「いつ首を切られても生きていける」と思っているんです。だから、会社の為に取り組んだ方が良いと思ったことに対しては、相手が経営陣であろうと代表であろうと一般メンバーの頃から遠慮なく言ってきました。それは今も変わりません。常にぶつかり合いです。そのぶつかり合いの中で、エージェントの最高の着地点を模索しながらやってきましたし、それはこれからもそうなんだと思います。

 自分がそうだったからこそ、メンバーからの意見を聞くのはいつも楽しいですね。「誰が」言うのではなく、「何を」言うかを大切にしています。

目指すのは「自分が自分らしくいられる組織」

CHROとして思う、理想の「株式会社エージェント」について教えてください。

 まず、会社としては「様々な事業やサービスが、次々と生まれてくる組織」となることが理想です。困っていることがあれば、どんどん事業化して次世代の経営者が育つ会社でありたい。そのためにも、後進に業務を任せて循環を創っていくことは重要だと思っています。

 メンバーにとっては、自分がありのままで生きていける組織にしたいです。だからこそ今、一番注力していることは、「心理的安全性」。コミュニケーション方法、相手に対する接し方を変える事で心理的安全性を高める事ができます。

 生い立ちや家庭環境、国籍や性別に影響されない組織でありたいです。理解し合える仲間と、ぶつかったり寄り添ったりするプロセスの中から信頼関係は生まれると思います。互いが互いを思いやり、尊重し、自分が自分らしくいられる組織を目指していきます。

八並嶺一(Ryoichi Yatsunami)

株式会社エージェント 執行役員CHRO(最高人事責任者)。
学生時代から起業に興味を持ち、自ら飲食店を経営。卒業後はフリーランスとして広告代理事業・営業代行を行う。 大学卒業後、スタートアップ、ベンチャー企業2社経験後、エージェントに入社。人材紹介・派遣事業の立ち上げ後、HR(ヒューマンリソース)事業部へ。現在は、CHROとして「採用」「人材開発」「コーポレートコミュニケーション」をメインに事業推進している。

株式会社エージェントでは一緒に働く同志を募集しています

topics

話題の男性の育休取得、取得メンバーとCHROに話を聞いてみました

event

栄冠に輝けるかは、そのプレゼンに懸かっている◇表彰方法を変更しました

works

自分の経験が誰かの助けになっている◇光ブロードバンド販売ラウンダー

topics

キャリアの悩みを解消するメディア◇『みんなのキャリア相談室』をリリースしました

works

超人見知りの私が関西エリアで新規営業1位を獲るまで