RECRUIT採用情報を見る
RECRUIT採用情報を見る

COLUMN

エージェント採用ブログ

vision

Agentのビジョン

私たちのバリューは「問題解決できるか」で決まる◇16期決起総会レポートvol.2

 決起総会レポート第2弾です。今回は、代表四宮から発表された、今後の方針について。太字部分ですね。

  • AG-MIND委員会による、今期のマインド浸透の取り組み紹介プレゼン
  • ジェダイに扮した代表四宮による16期方針の発表
  • 15期の年間表彰
  • 歌舞伎町No.1ホストによる乾杯挨拶
  • オリジナルTシャツファッションショー
  • 各拠点対抗アピール対決
  • 15周年記念ムービー

 そして私は重大なことに気が付いた。

この調子でいくと決起総会だけで7記事作成することになるであろうということに…! 

さすがにそれはくどい。しつこい。引っ張りすぎ。(確かに、書いてる側からすると原稿数稼げてありがたいのだけれども) 見てる側からしたらたまったもんじゃないぞ正気を取り戻せ!!!

 と、いうことで! 割愛できる部分はカットしつつ、要点を踏まえて無駄話せずにお送りしたいと思います。

前回記事はこちら→「阿部!メガネメガネ!」小さな変化を起こす視点って大事だよねって話◇16期決起総会レポート

では早速行きます。満を持して登場、われらが代表四宮だぁぁぁー…っ⁉ しのみ…いや違う。彼は…

○ナキン・スカイウォー○ー⁉

~ここから回想~

 決起総会準備中、「極秘資料だ!」との命を受け、個室で密かに四宮のプレゼン資料を確認していた秋山。スライドショーを開くと、聞き覚えのあるあの音楽が大音量で流れ始めた。慌てて音声をオフにし、再度画面に目をやるとそこには、かの有名な「○ター・ウォー○のテーマ」に乗せて、エンドロールを模しながら我が社エージェントの15年間の大いなる歴史が語られていた…!

後日、ライターAは語る(無駄に匿名)

 だがしかし! 度肝を抜かれっぱなしではいられない。ここまでの大作を創り上げたのであれば、当日もそれ相応の意気込みを見せてほしい…!

 と、いうことで、総会の打ち合わせ中チャット送りました(上司から送ってもらうところチキン感否めない)。そして無事、当日の衣装が四宮自腹でのコスプレに見事決定! この悠然たる登場に至るのでございます。

 なお、ライトセーバーを振る度にマイクが拾わない程度の音量で「ブォン」って音がしていた模様。高性能が地味に鬱陶しい。

「人創り」という目的は果たせているか

 はい。無駄話しないようにと気を付けていたはずが、早速道を逸れまくりました。でも、アナ○ン登場は逸れても仕方ない。むしろ逸れなければ失礼である、と私は言い続けたいと思います。

 本題です。15年間の軌跡を振り返り、私たちが何をしたかったのかを改めて見つめ直しました。私たちがしたかったこと、それは――「人創り」。

関連:【代表インタビューvol.1】創業14年、大学生だった四宮がエージェントを設立した理由

 世の中にある様々な問題を解決できる人財が増えれば増える程、社会はより良いものとなっていきます。そんな「問題解決人財」を、私たちは創っていこうと考えているのです。

 代表講話では、私たちのバリューが「問題解決ができる人財」であることを改めてメンバーに伝え、「問題解決人財」になるべく考えられた新たな制度について発表が行われました。

問題解決人財へのステップ

 まず「問題解決人財」とはどのように創られていくのか。成長のステップは下記のように考えています。

  1. 言われたことができること
  2. 自分で何が問題なのかを見つけられること
  3. その問題を解決する方法をサービス化できること
  4. そのサービスを事業として展開できること

 問題解決は、人から言われたことをすることから始まります。その経験の積み重ねで、解決するためのノウハウや課題感を身に付け、自分で考えて動くことができるようになります。そうなれば、指示する手間がなくなった分時間効率も良くなるので生産性は上がります。
 自分で考えた解決方法に価値をつけるのがサービス化です。そのサービスが成長すれば事業になります。

 私たちが成長=問題解決できるようになれば自ずと生産性は上がります。エージェントの強みが「人」であるというのは、

エージェントに頼めば、言われたことを やるだけで終わらない人がたくさんいる」から言えることなのです。

キャリアプロダクションを成長させていくためには

日本は現在、労働人口減少や低生産性という大きな「困った」を抱えています。世の中がこんなにIT化しているのに、生産性が下がっているのはなぜでしょうか。

 それは、「職場を創る(最適配置:ピッチャーがキャッチャーやっても能力は活かせないよね)」、「職能を創る(生産性向上:スキルがないと生産性は上がらないね)」、「職務を創る(価値創出:やることないと困るよね)」の3つの課題が解決できていないから。エージェントで掲げる「キャリアプロダクション」というのは、この3つの課題を解決する仕組みなのです。

 この仕組みをより成長させていくためには、私たちが問題解決人財としてアクティベートしていく必要があります。「アクティベート」とは、「個人が主体的に能力を発揮し、社会で活躍する状態」。その状態を創るためには「健全環境」「成長環境」「承認環境」の三角形がバランスよく大きくなっていかなくてはなりません。

 そこでこの3つの環境をより充実させていくために、個人の「問題解決人財として」の成長に応じた手当や休日の増加、新規事業を立ち上げやすくする制度などを導入していくことを発表! 詳細はこれからまだ決めていかなければなりませんが、頑張れば頑張っただけ評価され、なりたい自分を目指す環境は整うわけです。逆に言えば、評価されたいなら・自己実現したいなら、成長するしかないよね! ということですね。

 今期はどんな問題解決が生まれていくのか、とても楽しみになる発表でした。メンバーから出てきた解決事例などもどんどん紹介していければと思います!

people

people

people

マレーシアの合同企業説明会に潜入!

event

「阿部!メガネメガネ!」小さな変化を起こす視点って大事だよねって話◇16期決起総会レポート

event

経営陣、ギリギリの質問にもちろん答えてくれますよね…?◇19卒入社式懇親会

event

結婚式場で入社式って素敵やん◇19卒入社式を行いました